ニュース

2020年5月27日

第11回EST交通環境大賞で「東急世田谷線の再エネ100%による運行」の取組みが、環境大臣賞(大賞)を受賞しました。

第11回EST交通環境大賞で「東急世田谷線の再エネ100%による運行」の取組みが、環境大臣賞(大賞)を受賞しました。

受賞についてはこちらから
第11回EST交通環境大賞受賞団体の決定について
※環境的に持続可能な交通(EST)ポータルサイトに移動します。

取組みについてはこちらから
東急世田谷線の再エネ100%による運行について

ーー

■EST交通環境大賞
EST(環境的に持続可能な交通)普及推進委員会が、「地域の交通環境対策に関する取組み事例を発掘し、優れた取組みの功績や努力を表彰するとともに、その取組みを広く紹介し、普及を図る」ことを目的に毎年開催している表彰制度。今回で11回目。
(主催:EST普及推進委員会、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団、後援:国土交通省、警察庁、環境省、一般社団法人日本自動車工業会、公益社団法人日本バス協会、一般社団法人日本民営鉄道協会)
※環境的に持続可能な交通(EST)ポータルサイトに移動します。

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団(略称:エコモ財団)
運輸及びその関連分野における移動円滑化(交通バリアフリー)の推進並びに環境対策の推進を図ることを目的とし、人と地球にやさしい社会環境の実現を目指して活動を推進している内閣総理大臣認定の公益財団法人。
※公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のWebサイトに移動します。

戻る