電源構成について

東急パワーサプライの電源構成および非化石証書使用状況
(2020年4月1日~2021年3月31日の実績値)

  • 非化石証書比率は、非FIT非化石証書(再エネ指定なし)が4%のほか、FIT非化石証書および非FIT非化石証書(再エネ指定あり)がそれぞれ1%未満となっております。なお、当社は、非化石証書の購入により実質的な非化石電気の割合向上を図ります。

  • (※1)
    この電気には、水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。
  • (※2)
    FIT電気の費用の一部は、当社のお客さま以外の方も含め、電気をご利用の全てのみなさまから集めた賦課金および非化石価値取引市場において取引された非化石証書の売却収入により賄われており、CO2が排出されないことを始めとする再生可能エネルギーとしての価値を訴求するにあたっては、国の制度上、非化石証書の使用が必要とされています。当社が調達する電気に含まれるFIT電気は、CO2排出量について火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われることとなります。
  • (*)
    他社から調達している電気で発電所が特定できないものについては、それぞれの調達先の2020年度の電源構成に基づき仕分けています。
  • (*)
    本電源構成には水力、再生可能エネルギー等の非化石電源が含まれておりますが、非化石証書の調達量を超える分については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われ、再生可能エネルギーとしての価値およびCO2ゼロエミッション価値を有しません。
  • (*)
    当社は非化石証書を使用した実質再生可能エネルギーメニューを一部のお客さまに対して販売しており、それ以外の環境価値を訴求していないメニューの非化石証書割合を示しております。
  • (*)
    東京電力パワーグリッド(株)からのインバランス(補給)供給を受けた電気については、「その他」の扱いとしています。
  • (*)
    当社の2019年度のCO2排出係数実績(調整後排出係数)は0.490kg- CO2 /kWhです。
  • (*)
    端数の関係で合計が100%とならない場合がございます。

EV応援プランの電源構成はこちら>