ニュース

2021年2月25日

「東北電力ソーラーeチャージ株式会社」の設立合意について ~太陽光発電設備と蓄電池を活用したエネルギーサービスを提供~


 東北電力株式会社(本店:宮城県仙台市、取締役社長 社長執行役員:樋口 康二郎、以下、東北電力)と株式会社東急パワーサプライ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村井 健二、以下、東急パワーサプライ)は共同で、太陽光発電設備と蓄電池を活用したエネルギーサービスの提供を目的とした新会社「東北電力ソーラーeチャージ株式会社」(以下、新会社)を設立することについて合意いたしました。

 新会社は、新築の戸建住宅を中心に、お客さま宅に太陽光発電設備と蓄電池をお客さまに初期費用を負担いただくことなく(※)設置いたします。お客さまは、毎月定額料金をお支払いいただくことで、環境にやさしいクリーンな電気をお使いいただけるとともに、発電・蓄電した電力を災害時や緊急時の電源確保などにもご活用いただけます。

 新会社の設立は2021年4月を予定しており、2021年度上期中に、東北・新潟および関東エリアを対象に事業を開始することとしております。

 東北電力は、「スマート社会実現事業」の早期収益化に向けた取り組みを加速しており、事業の中核的な役割を担う『東北電力フロンティア株式会社』とのシナジーを発揮させ、お客さまの快適・安全・安心な暮らしにつながる各種サービスを提供してまいります。
 東急パワーサプライは、東急グループのエネルギーサービスプロバイダーとして、環境に優しいスマートな生活を応援する新機軸「スマート生活ナビゲーター」を掲げ、環境配慮の視点を加えた新しい取り組みを拡充しており、これからも生活者視点でエネルギーと暮らしの新しい関係を提案してまいります。

 両社は、今後もお客さまのニーズにより沿うエネルギーサービスの提供を通じてカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現、そしてスマートな社会・生活の実現に貢献してまいります。

※ 既築の建物の場合は、別途工事費用等が必要になることがあります。


【東北電力ソーラーeチャージ株式会社の概要】

会社名 東北電力ソーラーeチャージ株式会社
所在地 宮城県仙台市
設立日 2021年4月(予定)
取締役社長 伊藤 篤
設立時資本 9.9億円(資本金4.95億円、資本準備金4.95億円)
株主 東北電力株式会社 95%、株式会社東急パワーサプライ 5%
事業開始 2021年度上期中(予定)

以上


(注)樋口の「樋」は、一点しんにょう
本件・別紙資料

戻る