重要なお知らせ

2020年9月24日

ガス会社を装った訪問や不審電話等にご注意ください。

ガス会社を装った訪問や電話、メール等により、お客さまの個人情報を聞き出したり、ガス料金や修理代金の詐取や強盗等の悪質な事件が発生しています。事件発生を受けて、警視庁・神奈川県警より防犯への注意喚起がなされています。十分にご注意くださいますようお願いいたします。
東急でんき&ガス サポートの従事者は、必ず「従事者証」を携行しております。不審な場合は必ず「従事者証」の呈示を求めてください。また、ご不審に思われる点がございましたら、東急パワーサプライお客さまセンターへお問合せください。

■主な手口
・「東京ガス協会」などと名乗り、お客さまに電話をかけ、あるいはお客さま宅を訪問し、アンケートと称してお客さまの家族構成やガス・電気代などの個人情報を聞き出そうとします。
・「ガス設備の点検」「ガス機器の工事」などと偽りお客さま宅内に入り、お金を請求したり、金品を盗み取ります。
・ガスの点検員や集金員、検針員等と称して、お客さま宅を訪問し、検針票を用いてガス料金を詐取、あるいは偽造した領収書を用いて点検料等を詐取します。

■東急でんき&ガス サポートでは
・訪問者は、訪問目的を告げ、会社名・氏名等の自己紹介をします。
・訪問者は、必ず社名入りユニフォームを着用し、従事者証を携行しています。 
・訪問者は、当社およびその他の業務委託元の関係性を明確に説明します。
・「検針結果のお知らせ」(検針票)で電気・ガス料金を集金することはありません。
・当社ガス供給元のCDエナジーダイレクトより業務委託を受けているガス設備の定期保安点検や業務用換気警報器の設置作業で費用を請求することはありません。また、必ずDMや訪問チラシ等により事前に訪問のご案内をしております。

■不審に思われるときは
・(訪問の場合)「従事者証」の提示を求め、訪問内容等をよくご確認ください。
        または、当社コールセンターへお問合せください。
・(電話の場合)個人情報などは伝えず、電話をお切りください。

※防犯対策の参考情報
・在宅中であっても、玄関ドアを必ず施錠しておく。
・ガスなどの点検業者を称する者が「これから点検に行く。」と電話してきた場合や、自宅に訪問してき
た場合は、契約しているガス会社などに点検を実施しているか確認をする。
・確認の結果、点検を実施していないことがわかったり、訪問業者が点検にそぐわない服装であるなど不
審と感じたら、絶対に玄関ドアを開けずに110番通報する。


<本件に関するお問い合わせ先>
東急パワーサプライ お客さまセンター
0120-109-708[受付時間:9:30~18:30]

戻る